千葉県の外壁塗装・屋根塗装はダイシン塗装にお任せ下さい。

21年間外壁と屋根だけを塗り続けた塗装職人がたどりついた「塗りたてよりも10年後に喜ばれる塗装」
動画インタビューはこちら

 

安くて手抜きをしない個人塗装店をお探しの方へ

次のような事で、塗装工事に対してお困りの方の為に我々がいます。

ハウスメーカーの10年点検の見積もりが高かった、手抜き工事が心配、安くて汚れにくい塗装をして欲しい、工事する塗装職人に直接頼みたい、わからない事だらけで何を基準にしていいかわからない。、インターネットの業者は心配!

私どもは何でもやるリフォーム業者とは違い、塗装を専門で行っています。 その中でも外壁の塗り替えのみを専門に行っています。
あくまで戸建て等の外装の塗り替え専門店とお考え下さい。 外壁塗装、屋根塗装に関しては大手ハウスメーカーや、なんでもやるリフォーム屋さんに比べて、長持ちさせたり、汚れを目立たせない知識やノウハウを持っているつもりです。

外壁塗装のノウハウを追求し続けるため、新築時の塗装、又は巨大マンション、店舗内装等の塗装は受けられません。 また、私どもは営業マンを持たず一切営業活動は行っていません。大きな事務所もなければ、事務員もおりません。

あるのは塗料や足場を置いておく大きな材料置き場と小さな事務所だけです。 余計な経費がかかるような事は一切しておりません。

ですからその経費分を塗装工事の方に回せますので、塗装自体に念入りに手を入れられます。 仕上げ、持ちに関しても自信 があります。

3年もたずにまた塗り直しが必要になることもある

外壁塗装は、どの塗料を使うのか、どんな塗り方をするのかによって、耐用年数がまったく変わってきます。
しかし塗装の直後は、「良い塗装」も「悪い塗装」も、まったく同じように見えます。何年も経たなければ、外壁塗装の良し悪しは見分けられないのです。

ダイシン塗装は、一軒一軒、手間ひまをかけて塗装を行っています。それなのに成果がすぐに出ないのはもどかしいのですが、それは仕方のないことと割り切っています。
ただ納得できないのは、仕上がりが同じことにつけ込んで、手抜きをする業者がたくさんいることです。
たとえば、重ね塗りの回数を減らして塗料代を浮かせたり、安い塗料に勝手に変更したりして、利益を増やそうとする業社がたくさんいるのです。

手抜き塗装されると、3年もしないうちに、写真のようになってしまうことがあります。

3年もたずにまた塗り直しが必要になることもある

手抜きの心配は少ないけど、高額な大手ハウスメーカー

それでは、手抜きをする業者に引っかからないためには、どうしたらいいのでしょうか?

もっとも簡単な解決法は、大手ハウスメーカーに依頼することです。名前の知られている会社なら、手抜きが発覚すると途方もない損失が出てしまうので、現場管理を徹底しています。ですから、手抜きをされる心配は、ほとんどないはずです。

ただし、大手のハウスメーカーは、2つの理由で料金が高くなってしまいます。

1.下請けの塗装業者に依頼するので仲介料が発生する
2.営業マンの人件費がかかる

大手の会社は外壁塗装だけではなく、リフォームや修理もしています。でも職人全員を雇うわけにもいかないので、どうしても下請け業社に頼ることになります。また、会社の規模が大きくなると、組織的に動くために営業マンが必要です。
大手に、仲介料や人件費が塗装料金に上乗せされてしまうのは、仕方がないことです。

当店が、大手の半額で買うで質の高い塗装ができる理由

●下請けの業者に依頼しない

当たり前のことですが、業者が間に入れば入るほど、仲介料がふくらんでいきます。
当店は、下請け業社に依頼を出しません。自社の職人たちがすべての塗装をするので、仲介料が発生しないのです。しかも、同じ職人に仕事をしてもらうので、どんどん社内にノウハウが蓄積されて、質の高い塗装ができるようになります。

下請けの業者に依頼しない

●営業マンが必要ない

当店では、直接お客様から仕事を受けるので、営業マンの人件費をまるまるカットできます。なぜそんなことができるのかと言うと、過去に塗装をした方からの紹介が多数あることや、インターネットでの集客が成功しているからです。
しかも、実際に作業をする職人が、直接打ち合わせをいたしますので、お客様の要望が伝わりやすいというメリットもあります。大手では営業マンを通すので、お客様の要望がうまく職人まで伝わらないことがあるのです。

大手メーカー

お客さんにたどり着くまでにさまざまな人がかかわり、全ての人に人件費が発生します。

大手メーカーの場合当店

当店には職人しかいないので、営業マンや、仲介業者の人件費がまるまるカットできます。

当店の場合

塗装の質に影響しないところなら、徹底的に節約をします

外壁塗装にかかるコストというと、塗料代くらいだろうと思われるかもしれません。しかし実際には、外壁塗装には塗料以外にもいろいろなコストがかかります。

例えば、家を一軒塗りかえると、想像以上にゴミが出ます。具体的には、塗料を塗るために使用した刷毛やローラー、軍手などのゴミが、45?のごみ袋10袋にもなります。16㎏の塗料の空き缶も12缶ほど出ます。

これらのゴミは、家庭ゴミと一緒には捨てられないので、専門の業者に依頼して処分してもらう必要があります。ゴミの引き取り料金は、家一軒で普通は45000円位かかります。

当店では、このコストを節約するために、職人が自分たちで処理場まで持って行くので、1000円ほどしかかかりません。ゴミの保管や分別など手間の掛かる面もありますが、ゴミの捨て方ひとつで40000円もコストを節約することができます。

当店の場合

また、最終的にはゴミになってしまう刷毛(はけ)やローラーなど塗装に使用する道具も、家一軒分で通常は34000円位のコストがかかります。

当店では、仕入業者に交渉を重ねて、一度に大量に仕入れるという条件で、12000円ほどで道具を仕入れることができるようになりました。これで、家一軒あたり20000円以上も節約ができるようになりました。

このように当店では、塗装の質に影響しない部分であれば、徹底的にコストを節約しています。

料金は工事完了後にお支払いいただきます

塗装業界の慣習では、「料金は先払い」が常識です。 納期を守れなかったり、お客さんの納得のいく塗装ができなかったりすると、支払いのトラブルが発生するからです。確実にお金をとるために、先払いにしている業社が多いのです。

当店では、トラブルを始めから見込んでいるような、そんな恥ずかしい仕事をするつもりはありません。塗装の仕上がりに納得していただいた上で、お支払いいただきたいと考えています。 ですから当店では料金のお支払いは「後払い方式」にしています。

料金は工事完了後にお支払いいただきます



その他のお客様動画はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら
フリーダイヤル:0120-69-3708
月〜日 12:00-18:00 mailinfo@nurikaedirect.jp:
24時間対応 メールでのお問い合わせ
  • 業者によって見積もりが全く違う理由 詳しくはこちら→
  • 手抜き工事の手口 詳しくはこちら→
  • ダイシン塗装工事日記ブログ 詳しくはこちら→
  • 新築より新築らしい2液型・4度塗り塗装 詳しくはこちら→
  • メニュー
  • 施工例紹介
  • アレルギーなど体への配慮
  • 塗り替え完成までのステップ
  • 塗料の選び方
  • 外壁塗装工事の流れ
  • 屋根塗装工事の流れ
  • 職人のこだわり
  • 会社概要
  • 対応エリア
  • よく頂くご質問
  • 6年保証
  • 悪徳訪問販売にご注意
  • 自分で塗装したい方へ
  • 木部が気になる方へ
  • 料金表
  • お支払い方法
  • お問い合せ/お見積もり
  • メディア掲載情報 Living-Life.netに掲載されました。 詳しくはこちら→
外壁塗装・屋根塗装専門店 千葉県 外壁塗装カテゴリーお問い合わせCopyright(C)2008 ダイシン塗装 All Rights Reserved.