千葉県の外壁塗装・屋根塗装はダイシン塗装にお任せ下さい。

お客様の喜びの声 54件

本日は柏市の柴田様にお話を伺いました。

「もっとペンキを厚く塗れ」という親方の一言で安心できました

柴田邸データ
築年数: 25年
建坪: 約30坪
塗装面積: 約110m2
施工日: 平成17年10月

今回は2年6カ月前に外壁と屋根の塗り替えをダイシン塗装に注文した、千葉県柏市の柴田さんの例をご紹介します。
お話は、ご主人と奥様のお二人におうかがいしました。

※掲載写真は柴田邸の塗装工事中に撮影したものです。

塗装前の柴田邸-塗装後の柴田邸

もっとペンキを厚く塗れ ~ 親方の一言で安心できました

■2年6カ月前、ダイシン塗装が外壁と屋根の塗装をさせていただきました。ズバリおうかがいしたいのですが、ダイシン塗装の仕事ぶり、いかがでしたか。

よかったですよ。外壁の塗り替えが終わってから2年6カ月、不満はまったくありません。仕事がていねいな所と、安心感がある所と、「お値打ち」を実感できたこと、この3つがよかったです。ご近所さんも、ダイシンさんに外壁の塗装をお願いしていました。

■順番にお話をうかがいます。最初の「仕事がていねいな所」が良かったというのは、具体的にどういうところですか。

工事の前にはきちんと説明をしてくれました。塗装の作業もていねいです。ペンキの塗り方や種類、作業の工程について、素人の私たちが分かるよう細かく教えてくれました。

塗装の作業も、見える部分は当然ですが、見えない部分も手抜きをせずに塗ってくれました。窓の拭き掃除をしたときなど、壁と窓の境目、窓の縁の部分まで塗っていることに気がつきます。普段では見えないところ、覗き込まないと見えないところまで、塗ってくれています。

ダイシン塗装 営業窓口兼職人 一級塗装技能士 森口

■「安心感がある」というのは、どのあたりで感じましたか。

工事前と工事中のダイシンさんの対応です。

施工前には、ダイシン塗装の森口さんが見積りに来ました。森口さん自身も、一級塗装技能士の資格をもち、実際に作業をする職人でした。施主の話を聞く人と塗装の作業をする人が違うと、不安を感じます。ダイシンさんの場合、森口さんが私たちの話を聞いてくれました。

それから、工事中の親方や職人さんたちの作業には感心しました。「もっとペンキを厚く塗れ」と指示を出す親方の姿をみたのです。その親方の一言を聞いて、安心できました。

屋根の塗装をするときには、塗料が不足するということがありました。予想していた以上に、屋根が傷んでいたからです。

作業をするのは職人さんです。私たちが塗料の濃さを調整することはできません。屋根の上での作業なので、私たちが見張ることもできません。塗料を薄めたり、手抜きの塗装もできるのに、それをしなかった。塗料が不足したのは、薄めずに塗っていることの結果だと理解しました。

「塗装の厚みが違う ~ 2年6カ月の間に4件のご近所さんがダイシン塗装に」

■「お値打ち」を実感できたというのは、どういうことですか。

先日、ホームセンターで物置を購入しました。物置を設置する業者の方が来て、「最近、壁を塗りましたか。これはいい塗装だ。」と褒めてくれました。壁を塗り替えたことなど、何も伝えてなく2年半経過しているのに。

まったく利害関係の無い人が褒めてくれたので、うれしく思いました。「お値打ち」なものを買えたなと実感できました。

「お値打ち」という言葉は名古屋弁です。名古屋では、無駄な出費をしないことが重要だと教えられます。無駄な出費をしないといっても、安いことが良いわけではありません。価格が、そのモノやサービスに見当っているかをじっくり考えるということです。

「お値打ち」というと、仕事を頼む価値がある、お金を払う価値があるという意味になります。わたしのような名古屋人にとって、「お値打ち」という言葉はキラーワードです。

■ご近所さんもダイシン塗装に工事を依頼したということですが。

はい。私たちが工事を依頼してから今までに、ご近所さんの4件のお宅がダイシンさんにお願いしています。

■柴田さんがダイシン塗装をススメたのですか。

いいえ、特にススメてはいません。お付き合いするご近所さんの中に「ウチもそろそろ塗り替えを」というお宅がありました。塗装を終えていた私たちの家まで、実際に自宅を見に来ました。

工事中の写真や資料を見せたり、ダイシンさんのホームページを教えました。「いいところ知ってる?」と聞かれれば、ダイシンさんを紹介しますけど、押し売りはしていません。ご近所の皆さんには感想を聞かれました。

塗装に厚みがあるのがよくわかります。壁の角でこすってけがをしなくなりました

■どのような感想を。

「塗装の厚みが違うのが良く分かる」と伝えました。

以前の壁は、表面がザラザラ、デコボコでした。ガーデニングをするときなど、壁にさわるだけで、擦りむくこともありました。気がつくと、血が滲んでいる。

「塗装の厚みが違うのが良く分かる」と伝えました。

塗り替え後は、見た目、触ってみた感じ、塗装に厚みがあるのがよくわかります。つるつるしています。擦りむくこともなくなって、こすってもけがをしなくなりました。

こういう感想を伝えたらみなさん、ダイシンさんにお願いしていました。実際の外壁の仕上がりを自分の目で見て、決めたようですよ。

ダイシン塗装の塗装工程は4回塗り、下塗り1回目  下塗り2回目、ひび割れに強くするためもう一度下塗りを行う

中塗り(上塗り1回目)の様子、この作業で終わりにする塗装業者もいるとのこと  上塗り(仕上げ塗り、4回目の塗装)最後の塗装で交代区のある表面に仕上げる

「きっかけはお向かいの屋根 ~ ふき替えが必要になるところでした」

■外壁塗装を考え始めたきっかけは、どのような。

3年ほど前、わが家と同じ時期に建てた向かいのお宅の屋根が、汚れているのに気がつきました。考えてみると、わが家は築25年。25年の間に一度だけ、外壁の塗り直しをしただけなので、屋根の汚れが気になり始めたんです。

屋根の色は緑でした。工事をお願いする前は汚れて、コケ生した色でした。洗浄で洗いながすと、まっ白になってしまいました。地の色が出てきてしまったようです。雨の水が屋根に染みこんで軟らかくもなっていました。鉄の部分はサビだらけで、もう少しほうっておいたら、屋根のふき替えが必要になるところでした。

20年以上経過した屋根の様子   塗装直後の様子 屋根の塗装も4回塗り

最初の塗り替えはリフォーム業者 「工事を終えてから不安になりました」

■過去に、外壁の塗装をしたことがあったのですか。

はい。10年以上前に1度、外壁の塗装をしました。新築のとき「外壁は5年に1回くらい塗ってください」と言われましたが、5年を過ぎても傷んでいませんでした。

それから5~6年経ったころ、「工事を近所でやっています。お宅もそろそろ、どうですか」とリフォーム業者の営業が来たので、外壁の塗装をお願いしました。屋根について、その業者さんに聞いたところ、「屋根なんか別に、やらなくていいよ」と言われました。

■外壁塗装を営業に来たリフォーム業者さんにお願いをして、不安はありませんでしたか。

最初は不安を感じませんでした。近所の方も、そのリフォーム業者さんに頼んでいましたので。近所の皆さんがやったのだから大丈夫と思っていました。

でも、工事を終えて少し時間が経つにつれ、不安になりました。終わってから一度も、業者さんの姿を見ることがなかったからです。チラシや広告も、まったく入らなくなりました。結局、連絡先がどこなのかも分からない状況でした。職人さんも地方から出て来た方たちでしたし。ほかのお宅の様子をうかがっても、同じような状況でした。

だから今回は、自宅から近い地元の業者に頼もうと思いました。

ダイシン塗装の考え方に共感 「われわれは職人ですから立派なお見積書は作れません」

■ダイシン塗装のことはどこで知ったのですか。

インターネットです。外壁や屋根の塗装を考えはじめ、地元の業者を調べ始めました。調べていくうちに、eペイントという、ホームページを見つけました。塗装について詳しい情報が載っていたので、塗料の種類や、塗装工事の段取りなど、塗装について勉強しました。 ホームページの「千葉県の塗装業者一覧」から、ダイシンさんをみつけました。

ダイシン塗装の考え方に共感を覚えました

■ダイシン塗装の印象はどうでしたか。

「われわれは職人ですから・・・」というメッセージが印象的で、ダイシンさんの考え方に共感を覚えました。

「社員6名で全員職人」、「お金のかかった立派なお見積書は作れません」、「見積もりを書く時間や経費をお客様に還元」したいとありました。なるほどそのとおりだな、と思いました。実際にいただいた見積り書は、封筒の裏に金額を書いたものでした。

■封筒の裏に見積もり、不安はありませんでしたか。

まったく不安がなかったというと嘘になります。最初は不安が半分、信用が半分。森口さんと会って説明を受けて60~70%信用できました。工事が終わって数年たって、ダイシンさんに頼んでよかったと思っています。

決定的に違った木部の塗装 「時間がたってわかりました」

■どのように、信用が半分から60~70%になったのですか。具体的に教えてください。

最初はホームページをみて半分、信用しました。

森口さんに来てもらい、話を聞きました。上質な塗料を使用する理由を説明してもらいました。

「水性の塗料よりも溶剤(油性)塗料の方が上質なので、耐久性があってツヤが長持ちします。水性のペンキに劣る点は、塗装後の数日においがきついことです」と教えてくれました。

いいところ、悪いところも正直に教えてくれたので、納得できました。森口さんは職人らしく、押し売り営業をする様子はありませんでした。じっくりと話を聞いてもらい、相談にのってもらえた。話の通り、手を抜かずにきちんとした仕事をしてくれると思ったので、60~70%信用しました。

工事をお願いするときは「何かあったらどうしよう」と不安でした。でも、ダイシンさんは自宅と近い地元の会社です。工事が終わったあとも連絡がとれる、対応してもらえると思いました。だから、ダイシンさんに決めました。

■工事完了から数年たち、「ダイシン塗装に頼んで良かった」と思うのはなぜですか。

前回の塗り替えと比べて、仕上がりがまったく違うからです。

決定的に違うのは、飾り窓の木部の塗装です。前回は、1年たったらすぐに塗装がはげ落ちてきました。ダイシンさんに塗装をお願いして2年6カ月経ちましたが、木部の塗装もまったくはげ落ちていません。

工事を終えた直後は、どんな塗装でも同じようにきれいに見えると思います。でも、塗装がはがれやすい木部の塗装いは、何年かたつと違が分かります。「木部は念入りに」と話していましたが、実際にその通りの仕上がりです。

それから、「近所に来ましたから」と、塗装の状態を見に来てくれるので安心です。定期的にチェックしてもらうのは、非常にありがたい。はじめは驚きましたけれど、地元のダイシンさんにお願いして正解だった。

塗り替え前飾り窓、前回は塗装して約1年で剥がれはじめた   塗り替え後2年6ヶ月経過した飾り窓

お隣と比べても遜色ない 「本当は宣伝して歩きたいくらい」

■塗装工事を終えて、柴田さんのご気分は。

うちはいつみても同じ、変わらずキレイだなって感じます

工事を終えてはじめに感じたことは、「新築みたい」ということです。

いまは「いつ見ても同じ」と感じられて、満足しています。工事を終えて2年6カ月経ちます。1年あとに工事をしたお隣のお宅と比べても、まったく遜色ありません。

毎日1日2回、犬の散歩で近所を歩いています。そのたびに「このお宅は数年前、ここは数ヶ月前に塗っていたな」と考えながら歩いています。壁や屋根、木部、破風板を見ながらゆっくりと。戻ってきて自宅を見ると、「うちはいつ見ても同じ、変わらずキレイだな」って感じます。本当は、ダイシンさんの宣伝をして歩きたいくらい。

■今後、どんなダイシン塗装であってほしいですか。

もっと宣伝したらいいのにと思うけれど、仕事の質を落としてはほしくない。むずかしいところですね。今後も親方と森口さんが中心となって、がんばってください。今までどおり、いい仕事を継続していってほしいと思います。

■お忙しい中、ありがとうございました。
お電話でのお問い合わせはこちら
フリーダイヤル:0120-69-3708
月?日 12:00-18:00 mailinfo@nurikaedirect.jp:
24時間対応 メールでのお問い合わせ
  • 業者によって見積もりが全く違う理由 詳しくはこちら→
  • 手抜き工事の手口 詳しくはこちら→
  • 色で失敗しない為のカラーシミュレーション 詳しくはこちら→
  • ダイシン塗装工事日記ブログ 詳しくはこちら→
  • わかりやすい5分動画で説明 塗装屋がお客様だけには絶対知られたくない秘密! 詳しくはこちら→
  • 新築より新築らしい2液型・4度塗り塗装 詳しくはこちら→
  • メニュー
  • 施工例紹介
  • アレルギーなど体への配慮
  • 塗り替え完成までのステップ
  • 塗料の選び方
  • 外壁塗装工事の流れ
  • 屋根塗装工事の流れ
  • 職人のこだわり
  • 会社概要
  • 対応エリア
  • よく頂くご質問
  • 6年保証
  • 悪徳訪問販売にご注意
  • 自分で塗装したい方へ
  • 木部が気になる方へ
  • 料金・お支払い方法
  • お問い合せ/お見積もり
  • メディア掲載情報 Living-Life.netに掲載されました。 詳しくはこちら→
外壁塗装・屋根塗装専門店 千葉県 外壁塗装カテゴリーお問い合わせCopyright(C)2008-2017 ダイシン塗装 All Rights Reserved.